逮捕者も出た!クレジットカードの現金化は、なぜ危険なのか?

大きな買い物や公共料金の支払いで利用したり、現金を持ち歩かなくて良いことなどから、誰でも1枚はクレジットカードを持っているのではないでしょうか。とても便利なものですが、もしクレジットカードを現金化してしまうと危険なことがあります。

「現金化ってどんなもの?」

ショッピング枠を現金化

クレジットカードには、買い物で使うショッピング枠お金を借りるクレジット枠がありますよね。このショッピング枠を悪用するものがクレジットカードの現金化です。

現金化のやり方は、買い取り方式とキャッシュバック方式の2種類があります。

買い取り方式。

お金に困っている人が、クレジットカード現金化の店を訪れます。すると業者に「クレジットカードで買った商品を買い取りする」と言われ、一緒に買い物に行くことになりました。

ショッピング枠の限度額分(50万円だとします)で商品を買うと、40万円で買い取りをされました。40万円入手できたと喜んだものの、結局はクレジットカード会社から50万円の請求がくるというもの。

キャッシュバック方式

お金に困っている人が、クレジットカード現金化のホームページを見ます。

「クレジットカードで50万円の品物を買えば、40万円キャッシュバックする」と書いてあったので、現金化の申し込みと品物の購入をしました。

後日、40万円入金されて品物も受け取れて喜んだものの、結局はクレジットカード会社から50万円の請求がくるというもの。また、入金されないことや、品物が無価値なこともあります。

どちらの方式でも、クレジットカード会社に50万円の借金をすることになってしまいます。
そもそもショッピング枠とは、商品やサービスの支払いのために使うよう設定されているため、このように換金を目的として使うことは、クレジットカード会社の利用規約に違反します。

「現金化は危険なもの」

クレジットカード現金化のチラシや看板などを見かけたことありませんか?景品表示法を順守している、公安委員会の許可を受けている、と表示されている場合があります。

安全と思わせるような表示ですが、クレジットカード現金化では逮捕者も出ているため安全ではありません。国民生活センターや消費者庁、クレジットカード協会などでは注意を呼びかけています。

現金化でクレジットカードが利用停止になる恐れはありますか?

クレジットカードの現金化というのは、キャッシングをしたくない、キャッシングができない、でもすぐに現金が必要という時に非常に役に立ちます。 しかしながら、それをする事でクレジットカードの利用停止などのトラブルが置きてしまわないか不安に思っている方も少なくないでしょう。実際のところどうなのか、解説をしていきます。 やり方によってはクレジットカード利用停止になる事も クレジットカードを
» 現金化でクレジットカードが利用停止になる恐れはありますか? の続きを読む