料理の味付けで失敗しないための手段

料理全般にいえることですが、どんなに上手に作れていても最後の味付けで失敗すると味が台無しになってしまいかねません。

味付けは感覚的にしなければいけないことが多いので、加減が難しいです。

では、どうすれば味付けで失敗しにくいのか、そのコツについて考えていきます。

薄い味付けにすれば後から調整できる

たとえば料理の味付けで定番といえば塩とコショウですが、この味付けをする時いきなりドバッと多めに味付けしてしまったら、取り返しがつきません。

想像以上に濃い味になってしまうので、完成した料理が美味しくなくなってしまいます。

しかし、もしも薄い味付けで味見をしながら調整すれば、理想の味に少しずつ近付けることができます。

よく料理が不得意な人は途中で味見をしないといいますが、確かに味見をしないと味付けの微調整ができなくなってしまいます。

ですので、味付けをするときは味見をしながら、まず薄味で味付けしていくことが失敗しないためのやり方です。

不安なら無理をせず市販品を使っても構わない

味付けについてどうにも自信が持てないなら、しばらくは市販品を使って味付けすればとりあえず安心です。

料理の素のような味付けで役立ってくれる市販品は、料理をするうえで心強い味方です。

すでに味が出来上がっている市販品だからといって、味付けに使っていけないわけではありません。

むしろ簡単に美味しく仕上げられますので、自信がなければそれを使うと失敗しにくいです。

調味料を混ぜ合わせて美味しい味付けができればいいですが、それができないようならまずは無理せず市販品で味付けをすると無難に仕上げられます。

料理教室どこがおすすめ

【女子会にも】みんなでわいわい ホットプレートで作るパーティー料理♪

まとめ

料理の味付けは、微妙なさじ加減が求められます。

ですが、市販品を使っても構わないですし、使わないなら薄味で味見しながら味付けをしていくと失敗しにくいです。

市販品を使いながら味付けの感覚を養っていけばいずれはコツがつかめるようになりますので、それまでは慎重な味付けを心がけることをおすすめします。

現金化TOP